ここでは、訪問から施術のながれを分かりやすく追っていきます。

・お宅にお邪魔するときはこんな格好です。

大きな黒いバッグを背負って参ります。画像を撮るので緊張して顔が引きつっていますが、怪しい者ではございません。

バッグの中身はこちら。仕事用具一式です。胸マット、U字型枕、枕にかぶせるガーゼタオル、ストレッチポールハーフタイプ、必要な場合に敷く用のヨガマット、手拭い、身体の上にかける大判バスタオル。必要そうなものは一通り持参していきます。クライアントさんには、なるべく動きやすくてリラックスできる格好でお願いします。

 

・まずはお話を伺います。

あなたに合った施術をおこなう為に必要なので、初回はけっこうしっかりお訊ねする場合があります。

・ここは触らないでほしいというところはないですか? 

・最初の電話またはメールでの説明以外にも気になっていることはありませんか?

・今回の主訴は医師に診てもらったことはありますか? あった場合は診断は?   

・いつ頃からその状態(腰が痛い、肩凝りがある、どうも全体的にだるいなど)になったのか、また、思い当たる理由などはありますか?

など、事前に知っておきたいのです。

さらに、どう動いたときにどう痛いのかなどを実際に動いていただいて確認します。

施術後にご満足いただける結果により近づくためにも、初めはちょっと面倒かもしれませんが、お話を聞かせてください。よろしくお願いします。

・施術に入ります。

圧のかけ具合、脚や腕などを動かす場合に痛くないかなど、お声がけしながら施術していきます。

施術のながれや内容は、受ける方によって変わってきます。よりご満足いただけるような施術にするため、先ほどの繰り返しになりますが施術前にお話を伺っています。

じっくりほぐして筋の緊張を取り除き、「部分的」な問題を解消したら、今度は「身体全体」からみた歪みを取るため、操体法(運動療法)をします。「部分」と「全体から見た視点」で身体のバランスを整えます。

・施術が終わりました。ありがとうございました。

最後に気持ちよく伸びなどして、お疲れさまでした。

 

この後、初めの「どう動いたらどう痛いか」の確認の時と同じ動作を繰り返してみて、施術後の変化を確認します。

 

分からないこと、気になることなどありましたら、のお問い合わせからお尋ねください。

移動中や施術中には留守電になっています。お名前とご用件をおいれください。こちらから折り返しご連絡させていただきます。090-6046-5021営業時間 10:00-20:00 [ 休日:木曜 ]

メールでのお問い合わせはこちらへお気軽にお問い合わせください